フィットちゃんランドセルの口コミはとても良い?どこで買うのが一番安い?

夏が来て来年小学校に入学する子供のための「ラン活」のピークの時期とも言われています。

おそらく最初はネットで値段をチェックする方も多いと思いますがランドセルの価格が意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童のランドセルの平均価格は45.000円以上だったようです。

なぜここまで平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応がメインのサイズになり使う材料が増えていることや丈夫なものが欲しいという要望からより丈夫な素材を選ぶためなどがあるようです。

売り場に行ってどれにするか迷ったら販売員さんと相談しながら決めましょう。

みなさんが小学生の時に通学する際のカバンは何を使っていましたか?ほとんどの方が黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきており見た目にこだわる親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルを汚さないためにランドセルカバーの需要が高まっています。

男女両方で人気のカバーはデザイン性を損なわない透明でシンプルなものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースでラインが入っているなどワンポイントデザインものも人気のようです。

他の人とデザイン被りしないものが欲しい方はハンドメイドマーケットサービスで探してみても良さそうです。

暑くなって来て「ラン活」の時期になって来ました。

ラン活とは来年小学校へ入学する子供が使うランドセルを探して購入することです。

ラン活を始めるに際して気になるのは値段の相場です。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

約7割の人が3万円台?5万円台を選んでいます。

約70%の人が3万円台?5万円台を選んでいます。

6年間背負い続けるということを考えると安価な商品だと壊れやすい気がしてしまい不安という理由を見かけます。

実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上の商品の方が丈夫で壊れにくいようです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを基準に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びをする際も一緒です。

初めてラン活をする際はわからないことだらけでレビューが良いものを探すと思います。

ただ、実際にランドセル売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造工場はどこかといった売り場に並ぶまでの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようとしてもメーカーは数十社もあり、どれを選べば良いか結局決められないという話も聞きます。

一番簡単な選び方としては初めにメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなどの企業は質が安定して高いです。

ラン活をするにあたってデパートの売り場などに出かけると思います。

その際の注意点がいくつかあるのでチェックしておきましょう。

1つめは売り場へ行く前に調べておく内容です。

一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや店頭に行った際に注意したいのが丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなく背負った時の体感重量のことを言います。

他にも万が一子供が壊してしまったときのための6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで様々なことを言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

この前、プライベートでランドセルについて調べていたらアディダスなどのスポーツブランドモデルも存在する時代なんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を調べると百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため国内製造している日本メーカの製品と機能が似ているところも多く見受けられます。

他にも背カンの部分にはフィットちゃんが採用されているので思い教科書の負担が減り背負いやすいように設計されています。

年々、購入時期の早まっているランドセルですが2019年に小学校入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?ここ数年人気のデザインや素材にこだわった工房系と呼ばれるランドセルは生産可能数などの問題から早めに注文されることも多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

今年のランドセルは基本的にはA4フラットファイル対応サイズが主流となっています。

デザインは男子向けでは一時期流行ったシルバーなどのメタリックカラーからオーソドックスなブラックに戻ってきました。

女子向けでは光沢の強いパール調素材の龍宇高が落ち着きブラウンや赤系など定番のカラーが人気なようです。

毎年のように選択肢が増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう購入しましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに選んでおきたいところです。

他の業界同様ランドセル業界にもトレンドは存在しているのでラン活をするにあたって最近のトレンドを知っておきましょう。

女の子向けのトレンドでは王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが特に人気だったようです。

刺繍などのデザインはこのように繊細で上品なものが最近は人気です。

刺繍などのデザインがないシンプルな場合ではブラウン系やピンクに近い赤系のカラーが人気です。

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

調査によると7月~10月が購入ピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを考えている場合は早めに動かなければいけないということからこの話が出ているようです。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで同じ色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や初売りで安くなっていたり、入学3ヶ月前ならそこまで急激に体型も変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが使わなくなったランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが財布やパスケースにリメイクすることがここ数年、人気になっています。

ランドセルは長期間使うことを前提として製造されているため素材の自体が撥水性や強度が高く6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、捨てられず押入れに入れてままにするよりも、かと言ってそのままでは使えないので結局邪魔になってしまいます。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

本人が使うのも良し、親族にプレゼントするのもいいですね。

最近では、祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

先輩ママ達がその際に重視していたポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が一番重要視していたのは色やデザインです。

「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが大きくなってお気に入りのままかはわかりません。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

そのため、6年生まで使えるオーソドックスな黒赤、ブラウンといった色を選ぶ方が多いようです。

どんなことでも1回目はわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなどは滅多に経験しないので選ぶのに迷いがちです。

各社の製品について比較してみました。

まず、ランドセルメーカーが多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う会社と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっている場合 製品の質はまず間違いないです。

次にオススメできるのは販売のみ行う企業です。

他の業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、工場側から依頼してブランドイメージ的に問題ないかチェックしています。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販は他の製品と比べやすいなどの利点も多いですができれば1度は百貨店などの売り場へ行って現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さやサイズはわかっても実際に背負ってみてフィット感や丈夫さなどがわかりにくく6年間の使用に耐えることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍など細かいディテールも確認できます。

通販を利用するとしたら実物を確認してからをお勧めします。

ここ数年、夏休みになると近所のイオンなどで見かける光景があります。

それは祖父母と一緒に子供連れの家族がランドセル売り場に一緒にいる光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」について評判などを調べてみました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと意外と高機能な製品になっていることです。

短所としてはラインナップが幅広いので想定していなかった予算のものを子供が気に入ってしまうことがあることです。

最近はリビングで予習や復習など勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では親が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからないところを教えてもらいながら勉強できるので効果的と言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルやカバンの置き場所です。

ただ居間にランドセルを置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

他には、収納扉にスペースを作ってみたり、現在使っているラックの一部をランドセル用に使う、子供が床に置くことが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

参考:http://www.motomessut.com/