リフォームローン金利を安くおさえるには?おすすめの銀行はどこ?

融資を受けたリフォームローンに余剰が出た場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は施工業者の見積などによって算出されるため借入金が余るというケースは珍しいのですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しないように上乗せ融資を勧める業者もいるようです。

また、金融機関においても追加融資が難しいと判断された場合には担当者も上乗せ融資を勧めることがあるようです。

融資を受けたのにリフォーム以外でお金を使ったということでもない限り、融資を受けた側が最終的に完済すれば問題が無く、そのまま放置していてもいいようですが、気になってしまう人は繰り上げ返済をしておくとよいでしょう。

リフォームローン審査の内容というものをご存知ですか?リフォームローン審査の内容とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。

対象となるリフォーム工事にはいくつかの条件があります。

減税対象となる麹は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

申請する側についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住していなければいけなかったり、年収は3000万円以下で返済期間が10年以上など条件が定められています。

減税は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

リフォームローン金利比較する場合は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、限度額や借入れ条件が分かりやすく紹介されています。

気になる金利や借りやすさや借入限度額など知りたい条件に合わせて並び替えができるのも便利ですよね。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要でネットで完結できるローンが増えています。

リフォームローンの口コミというのは、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

やはり金利が安いリフォームローンは人気なので多くの人が集中するため審査基準は比較的厳しめという傾向にあります。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となりその腹いせに悪い口コミが増えるということは多くあるのです。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分に合った商品を見落とす可能性があるのです。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローンに落ちた人はその理由や原因をしっかりと分析する必要があります。

審査に通らなかった要因は借入の希望額が収入に見合っていなかった可能性があります。

勤続年数や雇用形態に諸問題が影響したのかもしれません。

例えばマイカーローンの返済中であったりリボ払い、キャッシング額が膨れ上がっているなどカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらの残債をきちんと整理することがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。

楽天にもリフォームローンあるのですが、楽天のリフォームローンには【フラット35(リフォーム一体型)】があります。

リフォーム用の工事代金と住宅購入代金とを合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。

2016年10月からは新商品であるフラット35リノベが販売開始しています。

フラット35(リフォーム一体型)と異なる点は金利の引き下げが受けられることです。

注意点しなければいけないことは、工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。

リフォームローンの金利ですが金融機関によってかなり異なります。

低い金利になると1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系については2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利は金利が低いメリットがありますが、景気の情勢に応じて金利が変わってしまうリスクがあります。

一方、安い固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、元々金利が高いというデメリットがありますし、相場が下がっても自分は高い金利のまま返済をしなければならないというリスクもあります。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

金融機関に行かずともパソコンから手軽に申し込みができ審査も最短で2日という速さなので銀行へ出向く必要性がありませんね。

オリコのリフォームローンは安い固定金利なのですが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。

使途には改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事にも利用することができます。

申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、申請フォーマットには販売店コードまたはIDを入力する項目がありますのでその旨ご留意を。

リフォームローンを探すオススメの方法として有効なのは口コミのランキングサイトを利用するのが便利です。

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますのでひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。

まず、現在の住宅で不満な点を家族で洗い出してリフォームに必要な金額を算出してから諸条件にあったリフォームローンを選びましょう。

リフォーム費用が高額なるようであれば有担保型ローンがおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を安くおさえることができます。

参考:リフォームローンの金利が安い銀行は?金利比較!【固定と変動どっち?】

最近話題のアプラスの金利が安いリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、返済回数は最長で84回(7年)、融資可能額は10万円以上300万円以内という大変ライトなローンになっています。

アプラスの金利ですが、短期融資となりますので7.20%から14.40%と少々高めの設定となっています。

パソコンやスマホで申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、アプラスのリフォームローンをもっと詳しく知りたいという方は、HPをご覧になってみては如何でしょう。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒの金利が安いリフォームローンは申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資の金額は50万円以上1 000万円以内とされており、返済回数は12回から420回となっており、住宅ローン並みに長期のローンを組むことができます。

そのため契約には連帯保証人が必要になり融資合計金額が500万円を超える場合は抵当権も設定され、団信保険付プランを任意で付けることもできます。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

諸費用・リフォームローンにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれに基準金利と事務手数料が異なります。

リフォームローンの一体型とはどのようなローンなのか知っていますか?分かりやすくいうとリフォームローンと住宅ローンとがセットになっているローンということです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンがお勧めです。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

ただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

そのため、中古物件探しと同時にリフォーム業者を探す必要があるのです。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上がったり下がったりします。

担保の有無によっても金利が変わり近々では有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプには2種類あって安い固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型は市場金利に応じて半年ごとに金利が更新されるローンで安い固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

さらに安い固定金利型には完済まで継続となる長期安い固定金利型と一定の期間内だけ安い固定金利になり満期を迎えるごとに長期型か変動型かを選択するという安い固定金利選択型があります。

極力低金利でリフォームローンを借りるためには担保型のローン一択です。

リフォームローンには担保形というものと無担保型というものがあるのですが借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年で、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と条件があまり良くないのですが、担保型は期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いです。

金利は長期の借入の方が低金利になるため無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

そのほか、貸付金利タイプでも差があって変動金利と安い固定金利とでは変動金利の方が低金利となります。

リフォームローンで受けることができる控除には所得税の控除というものがあります。

申告することによってその年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォーム工事の内容と限度額に関しましては条件があり定められています。

省エネ及び耐震工事、三世代同居の場合は25万円、バリアフリーのするためのリフォーム工事では20万円と定められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。